上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
クリント・イーストウッド監督主演映画グラン・トリノを観ました。

なぜだか分からないけど
この作品は映画館で観なければいけない気がしたのですが
その予感は正しかった・・・。

僕みたいな、なんちゃって映画ファンが
あれこれ語るのもおこがましいので
「細けぇ事はイイんだよ!」You must 観ろ!って感じで

詳細は深町秋生のベテラン日記ゾンビ・カンフー・ロックンロールを参照してください。

スタッフロールが流れ終わり、劇場が明るくなるまで
ほとんどの人が帰らなかったです。
何人かは席を立ちましたが(笑)
大阪の天六にホクテンザというオンボロ映画館があり
昭和のシネコンって感じで、施設としてはかなりアレなんですが

上映する作品が、ときどき僕のセンスにシンクロしすぎるので
結構、重宝しています。

4月からのラインナップを上げると
バンクジョブ
フェイクシティ
ヘルライド←今、ココ
雷神(セガール)
007 慰めの報酬
と、僕好みのバカ映画ラッシュなのでタマリマセン。

しかし、いつもタダ券で観るので
たまには映画館にお金を落とさないといけないのですが
正規の1800円は払いたくないので
毎月1日の映画ファン感謝デーが狙い目ですね。

もう、過ぎたけど・・・
スラムドッグ$ミリオネアというインドを舞台とした
クイズ番組の高額賞金で、貧困層から抜け出そうとする兄弟の映画があり
現代インドの光と闇をえぐったナイス映画であり
とても面白く、泣き笑える作品で皆さんにもオススメなのですが

僕が観た試写会の会場が、狭いは座席の設置の傾斜が甘いはで
とても見にくかったので愚痴らせていただきます。

二人一組の招待状だったので、伯母と一緒に行くことにし
座席を押さえてもらったのですが
僕の前に座った人の背が高く、さらにその前の人も背が高いという
バッドだぜ!ヨシオ君な場所になってしまい

僕がスクリーンを見ようとすると、後ろの人に迷惑がかかる
負の連鎖に陥ってしまうので
浅く座ったり、斜めになっても見え辛く
どうしても字幕が全部見えないので
雰囲気で理解するしかなく、結構辛いものがありました。

しかも、前の座席に座った人が
クリス・クリストファーソン似のコワモテ親父だったので
注意するガッツも無かった俺はヘタレなんだぜww
昔、ナンチャンに「代表作が無い」とネタにされ
プリンセス・テンコーの当て馬にされたり
挙句の果てには大神源太の広告塔になったりと
バチボコなハリウッド俳優ジャン・クロード・ヴァンダムの最新作
090215_1703~01
その男ヴァン・ダムを観ました。

シュワちゃんやスタローンほどメジャーになれず
しまいにはセガールに仕事を奪われ
家庭不和で離婚を繰り返すヴァン・ダムが
故郷のベルギーで郵便局に立ち寄ったら
強盗に間違われるという内容で
ヴァン・ダムがヴァン・ダム本人を演じる怪作です。

自虐ネタや、どこまで本当か分からないプライベートネタなど
ファンにはたまらないのですが
ここまでやっても、突き抜けた感が出ないのが
ヴァン・ダムたる所以なのでしょうか。

しかし、作品のチラシに木曜洋画劇場でお馴染みの
木村奈保子が解説文を書いてたのには感動しました。
落ち目のハリウッドスター達がベトナム戦争の映画を撮るのに
現場で無茶ばかりしてたら、ブチ切れた監督に
ジャングルの奥地へ置き去りにされちゃったよママン!な
映画トロピック・サンダーを観てきたよ。

グロいは、下品だし、差別ネタ全開なので
普通の人にはお勧めできませんが
数々の映画のパロディー
プラトーン・ランボー・地獄の黙示録・ディアハンター・プライベートライアン
くらいしか分からんかった・・・

ハリウッド批判・アメリカンジョーク?・下ネタなどなど盛りだくさんだし
「カメオ出演ってレベルじゃねーぞ!」や本当に一瞬だけの出演者探しなど
映画通の人なら、もっと楽しめるんだろうなぁ。

なんちゃってはつらいよ。
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。